忍者ブログ
ふらっと寄れる体験レッスン専門の工芸教室 「♭(flat)」
[8]  [7]  [6]  [5]  [4]  [3]  [2]  [1
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 体験レッスン専門の教室フラット、最初のテーマは「トワル・ド・ジュイ」です。

カルトナージュでは有名な生地ですが、
ご覧になれば、ご存じの方も多いのではないでしょうか。
今回は、この生地についてお話しようと思います。

18世紀、フランスのベルサイユ近郊「ジュイアンジョザス村」でドイツ人が工場を開いたのが発祥とされており、大量生産を可能にし宮廷でも人気があったと言われています。
この村の名前から取った生地の名前が「トワル・ド・ジュイ」です。

田園の風景や人々の生活を描いたその生地は、当時、かのマリーアントワネットも工場へ足繁く通ったほどのお気に入りだったとされています。

様々な柄があり、

「水の物語」
「ブランコに乗った少女」
「アンジェリーナ」
「ドルチェヴィータ」
「モーヴ」
「ブランセス」
「シェルバン」
「モンソー」
「ドーヴィル」
「モンマルトルからの眺め」
「天使」
「サントノーレ」
「メラニー」
「ヴァージニー」などなど…

日本の生地屋さんで復刻版が販売されているポピュラーなものから、
現在では入手が困難な希少生地まで、色々あります。
「復刻版」と言われるものは、全盛期にデザインされた人気の柄を、
現代の技法でプリントした生地のことです。

ごく初期の頃の柄は、木型や金属板を使ってトワル・ド・ジュイの生地を作り出している風景そのものだったそうです。

現在は、このジュイアンジョザス村に「トワル・ド・ジュイ博物館」があります。
いつか行ってみたい場所の一つです。


「フラット」では、このジュイ柄の転写紙や、幾つかの生地を使って、
世界に一つのカップや、トレイをお作りいただくことが出来ます。

 


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
フリーエリア
最新CM
[03/05 sweetcandy914]
[02/29 sweetcandy914]
[02/26 sweetcandy914]
[01/14 sweetcandy914]
[01/13 ouchimania]
最新TB
プロフィール
HN:
flat
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
 template『銀曜日の』  material『chaton noir』